下町ロケットのバルブシステムは本当にある?特許による侵害などが気になる!

Sponsored Link


ドラマ「下町ロケット」に登場する バルブシステムは本当にあるのか? それに伴う特許による侵害 について気になるので調べてみました!   目次1 バルブ...

ドラマ「下町ロケット」に登場する

バルブシステムは本当にあるのか?

それに伴う特許による侵害

について気になるので調べてみました!

 

バルブシステムとは?

一般的なバルブシステムの場合、

バルブが閉じるときには

バルブスプリングがカムを

押すことで、

エンジン回転を手助け

することになる。

 

バルブスプリングはバルブを

閉じるだけでカムに力は伝わらず、

エンジン回転には寄与しない。

 

ロケットエンジンに

使われるもので、

調べて実際にあると

いうことがわかりました。

 

ドラマ下町ロケットでは、

佃製作所が自作でバルブシステムの

特許を帝国重工より

1週間早く取得したことで、

帝国重工が佃製作所に

バルブシステム特許を買い取り

しにくる所が面白いシーンだと思います。

 

そして、大企業というのは卑怯だなと

思ってしまうところでもあります。

特許侵害による裁判は長い!

ドラマでは、

佃製作所がナカシマ工業に

ロケットエンジンに使われている

エンジンが特許を侵害していると

訴えてきますが、

この訴えというのはただ裁判を

長引かせて、

佃製作所の資金をなくして買収する

目的の裁判だったことです。

 

むしろこういう裁判では、

多額のお金がかかると

いっていましたが実際に

どれくらいかかるのかまでは

わかりませんでした。

 

でも3億あれば、

1年持つといっていたことから、

億単位の裁判で動くようですね。

 

こういう行為を中小企業に

大企業がすれば確実に資金の面で、

負けることがわかっています。

Sponsored Link


裁判は裁判長のさじ加減?

下町ロケットの裁判長は、

中小企業や大企業などと

いう区別で判断せず、

ちゃんとした証拠と正しい

言葉によって、

裁判を長続きさせず、

すぐの判断をつけさせることが

できたことにびっくりしました。

 

なんといっても企業の裁判による

賠償金という額がにびっくりですよ!

和解という裁判で

58億ももらえるとは裁判って

おっかないですね。

 

しかも特許による問題

というのはどこでも生じると思いますが、

58億ももらえるなら勝てる

裁判を大企業はいつでもできて

しまうということを下町ロケットを

見たことでわかり、

中小企業のつらさが少し

理解できました!

 

Sponsored Link


管理人おすすめマンガ2016

PREV:高橋由伸監督の評判は?父親の借金で巨人入団の噂が気になる!
NEXT:内山信二の現在は?出身中学・高校や父親が気になる!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>