新潟県でうつ病の補助金や手当ては?

スポンサーリンク

皆さんこんにちわ。
管理人のふうです。

今回は新潟県で実際にあるうつ病の補助金
などについて触れて行きたいと思います。

実際に私が申請してみて、使える手当て等
についてですが、
まずもってほとんどないです。

唯一使える手当てと言えるのは、
自立支援医療費の支給くらいだと思います。

自立支援医療について、
触れていくと、

精神疾患の外来通院にかかる医療費の
自己負担を軽減します。

精神疾患の治療にかかる医療費
(通院、薬局、訪問看護)を対象に支給され、
自己負担は医療費の1割になります。

また、対象者の世帯の所得状況に応じて
月額自己負担上限額が設定され、
自己負担が軽減される場合があります。
※指定を受けた医療機関での医療が対象です。

対象者
精神疾患のある方で、

継続的な通院治療が必要な方。
【精神疾患の例】
統合失調症、うつ病、認知症、

てんかん、精神作用物質による

急性中毒又はその依存的障害、
その他の精神疾患

という内容ですが、要約すると医者に
通うと3割負担が1割負担になります。

これはかなり大きいのですが、
私のように薬を多く出されていると
それでも自己負担は2,000円~3,000円と
なっていて軽減されても
生活を圧迫されています。

 

ちなみに市町村によって
制度が違ったりしますが、
新潟県ではおおまかに自立支援医療は
1割負担になると言う事で
いいと思います。

これは申請しとかないと
損するタイプで、
過去の振り返りはほとんど
できません。

私は振り返りについて聞いてみたら、
市町村あるある態度をされて
相手にもされませんでした。

次に障害者手帳などが
ありますが、障害手当てとは別に
申請が必要で、特に目立った厚遇が
あるわけではありません。
※市町村によって違うため
確認してみてください。

次によく耳にする障害年金ですが、
これはすぐほしいといって申請が
通りません。

おおむね10ヶ月以上かかります。
これをあてにしていたら飢え死に
してしまいます。

スポンサーリンク

私は障害年金に申請して審査に
落ちています。(何度目だ)

ちなみに障害年金がもらえるまでの
間どうやって過ごせばいいかと
年金事務所に確認したら、
生活保護をうけたらどうですか?と
言われ、カチンとしました。

 

新潟県はうつ病に優しくないなと
つねづね思いますが
どこも一緒なのだろうかというと
絶望した毎日が続きます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です