うつ病による夫婦関係や仕事への影響について!

スポンサーリンク

皆さんこんにちわ。
管理人のふうです。

今日はうつ病による夫婦関係や
仕事への影響について
書いていきたいと思います。

私は、夫婦ともにうつ病を
患っています。

うつ病による弊害として、
まず夫婦関係がすごく影響を
受けています。

具体的にどんな影響かというと
お互いに思いやる余裕が
なくなっていて、
お互いにイライラしています。

ほんのちょっとした気持ちで
言った言葉で傷ついたり、
自暴自棄になってしまうことが
多々あります。

 

よく離婚しないねって
言われますが、
私が離婚すると社会的な
立場とか気にしてしまうので、
離婚していないというのが
本音です。

あと、離婚したら相手が、
暮らしていけないと
思ってしまっている部分が
あり、こういうことを
思ってはいけないと思って
いても、最悪のケースを
考えてしまいます。

私ががんばらなきゃという
思いがある一方、
がんばるって言葉は
うつ病の人には使っては
いけないというのが

交差して、現在に至るわけです。

うつ病発症前はもっと
余裕があったのがいまでは、
すべてがギリギリな
状態になってしまって
いつ破綻してしまっても

仕方がないと思っています。

具体的に解決策は?と
聞かれると

お金!!

がすべての解決策になると
思います。

 

お金がないから余裕がない。
お金があれば余裕を持てる。
というより、働かなくて
いいという安心から、
開放されて夫婦関係も
よくなると思っています。

ぶっちゃけ考え方は
ひとそれぞれかも
知れませんが、
私の立場だとやはり
お金ですね。

次に仕事への影響ですが、
まずまわりから
ひどいことを言われて
いるという被害妄想に
毎日かられており、
それにより体調を

崩してしまうという
悪いパターンにはまって
います。

 

スポンサーリンク

私はうつ病にかかって
なければと何度も
思いますが、

そう思う原因は
社会がうつ病に
優しくないと思っており、
うつ病になったら
お金に不自由しないと

思えれば直ると思います。

私も今の仕事を
お金があれば辞めている
という反面と
雇ってくれているという
部分も感謝しています。

いつになったら
うつ病だから
あの人はもうだめだって
扱いはなくなるんでしょうかね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です