うつ病の悩みや治し方について

スポンサーリンク

このブログに来て頂いて
ありがとうございます。

管理人のふうです。
うつ病とはどんな病気なのかを
知っていただくために、
私が体験していることをブログに
書いていきたいと思います。

皆さんがよく知っている
うつ病についてですが

元気がない?
見た目から病んでいる?
言葉数が少ないなどが
あると思います。

私も実際になるまでは
私自身がなる病気と思って
いませんでした。

実際に疲れているだけなのかな?
と思っていたのも事実です。

私の何が悪いの?
いったいなんでこうなったの?

と自問自答していく毎日でした。

仕事もいつまで続けられるの?
どうしたらいいの?と
お医者さんに言われた一言は

「ドーパミンが足りてないため、
仕事をお休みして休息をとりましょう。」

と言われました。

話を聞いていくと、
通常ドーパミンが作られている所が
だめになってその働きを治すお薬を
処方します。

と言われました。
お医者さんによっては
ドーパミンという言葉を
使わない所もあるようです。

とにかく
治す方法は休息が一番大事との事で、
私は仕事を休むことにより、
休息をとることになりました。

ですが!!

簡単に休息をとるということは
収入が無くなる。

ぎりぎりで生活していたため、
休息をとったら生活できない
ということに
結びついてしまいました。

お医者さんは、
傷病手当てがでるから
大丈夫だよの
言葉のみ、

傷病手当てで貰えるお金は
給料の6割程度、
生活費に9割使っていた私には
足りません。

結局
実家に身を寄せることで
なんとかなりましたが、
ほとんどの人はこういう事で
実家を頼れないというのが
実情だと思います。

現実の社会は冷たいです。
なぜなら、
うつ病という病になったら
最後、仕事を失うことに
ほぼなりかねないからです。

私の体験では仕事を2年ほど
失うことになりました。

実際にはもっと厳しいことに
なった人もいます。

あくまでいいますと、
うつ病の治し方についてですが、
休息を取れる社会が
一番の治し方だと思います。

私の悩みばかりを
訴えてしまいすみません。

スポンサーリンク

上記に書いていることが悩み
であり、
私個人が至った治し方です。

こんな感じに不満ばかりですが、
私の経験がみなさんの役に
たてばいいなとおもっています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です